大阪府立堺工科高等学校定時制より「包丁」を寄贈!

2月22日
大阪府立堺工科高等学校定時制の生徒が作成した、包丁を食品科学科 望幸隊(ぼうさいたい)に寄贈していただきました。同校では、東日本大震災の際、被災地の方から包丁が錆びているというお話を聞き、そこから毎年、科目「堺学」で生徒達が作成した包丁を被災地に届ける活動をしていらっしゃいます。今回、アクサ・ユネスコ減災教育プログラムで、本校の望幸隊が防災食の開発に取り組んでいることを知り、何か力になりたいと包丁を寄贈してくださいました。切れ味抜群!このご縁を大事に、全国のネットワークで減災活動に取り組んでいきたいと思います!


2020年03月11日