いちじくサブレ販売@広島フードスタジアム!

2月1日、2日
広島市の広島フードスタジアムにて、食品科学科3年生の中西杏樹さんが考案した「いちじくサブレ」が販売されました。
このサブレは、田布施町特産品を作ることを目的に、田布施町と食品科学科が連携しながらレシピ開発をした中から選ばれたものです。田布施のイチジクの美味しさが感じられるように、ドライイチジクをふんだんに使い、味が引き立つように粉チーズも入れ、イチジク型に仕上げました。晴天の中、田布施町のブースには常に長蛇の列ができていました。試食されたお客様から「とっても美味しい!」と好評ですぐに完売しました。販売に参加したF3中西さん、片山さんは「ただ、ただ感動です!自分たちの考えたレシピを販売していただけたことや、美味しいと喜んでもらえた姿を見ることができて、とっても嬉しいです!」と感想を述べました。


2020年02月07日