田布施町特産品開発の最終選考会実施!

1月15日
現在、食品科学科と田布施町が連携して、田布施町の特産品開発に取り組んでいます。これまで、生徒から応募のあった加工品の中から6点に絞られ、最終選考会が行われました。田布施地域交流館の菓子部門の方や、東京で和菓子教室などを行われている、せのおようこ先生にもお越しいただき、アドバイスをいただきながら試作品を完成させました。今回作られたのは、食品科学科3年生が考案した、酒粕クリームブリュレ、いちじくサブレ、いちじくフィナンシェ、三色団子と、食品科学科1年生のおむすびプロジェクトから選ばれた、枝豆とさくらえびのおむすびの「春よ恋」、古代米を豚バラで巻いてイチジクジャムと甘露醤油で甘辛く焼いた「TABUMAKI」です。午後から行われた、最終選考会では、田布施町農水産物等ブランド構築検討委員会の方々に試食していただきました。現在、結果待ちですが、選ばれた商品は2月に広島で行われる食に関するイベントでお披露目される予定です。

2020年01月27日