アクサ ユネスコ協会「減災教育プログラム」助成校に認定!

10月1日 
食品科学科の望幸隊(ぼうさいたい)では、地域と連携した防災食の開発に取り組んでおり、今年で8年目となります。この継続した活動が認められ、アクサ生命と日本ユネスコ協会連盟による「減災教育プログラム」助成校として、認定していただくことができました。
このプログラムでは、防災力向上をサポートするための助成金支給のほか、東日本大震災の被災地・学校などで取り組まれている防災・減災教育の実践について、教員が現地研修を行うなどのプログラムがあります。チームのユニフォームも新たに作り、これからも地域へ貢献できるよう活動を続けていきます!



2019年10月16日