農工ニュース

新入学生仮入学実施

3月26日(木) 9:00~
新入学生の仮入学が実施されました。入学に関しての説明の後、物品の販売等もありました。新型コロナウイルス感染拡大に配慮し、例年より短時間の日程で行ないました。

2020年03月31日

登校日・教科書販売

3月25日(水)
新型コロナウイルスの関係で臨時休校となり生徒はこれまで登校していませんでしたが、本日は課題の提出や新学期の連絡、教科書販売のため登校しました。長時間の接触等を避けるため学年で登校時間をずらし、短時間で教科書を受け取るなどの対策をしての実施でした。生徒たちはみんな元気な様子でした。


2020年03月26日

田布施町内小学校の卒業式コサージュ贈呈

生物生産科の草花専攻班では、やまぐちオリジナルユリ「プチソレイユ」を栽培しています。普及活動として、田布施中学校や田布施町内の小学校の卒業式にコサージュを贈りました。例年、生徒が制作しますが、今年度は、生徒が登校できなかったため、職員で製作し、田布施町教育委員会の尾﨑教育長にお渡ししました。


2020年03月25日

農を受け継ぐ@南すおう ディスカッション

2月21日に、南すおう地域における農業後継者の育成・確保をテーマに、南すおう地域の農業法人経営者と本校生徒とのディスカッションを開催しました。本校からは、農業系進学者を中心に生物生産科3年生7名が参加しました。
前半は、柳井市・田布施町・南周防農地整備事業所からの情報提供や各法人からの説明を行い、後半は、2グループに分かれて、グループディスカッションを行いました。若手農業者として経営者視点からの身につけてほしい力や将来の展望など有意義な意見交換を行うことができました。本日学んだ内容を、進学先でも活かしていくこと期待します。

2020年03月24日

柳井市こそだてネットワーク 望幸隊実践報告!

2月23日
こそだてネットワーク柳井主催の、第11回子育て講演会が柳井市文化福祉会館で行われ、防災士の工藤さんの講演と共に、本校の望幸隊(ぼうさいたい)による実践報告と、ペットボトルピザ作り講習を実施しました。
当日は、コロナによる開催が危ぶまれたのにも関わらず、80名近くの参加者で会場が満席となりました。望幸隊メンバーによる活動報告の際に、来場者にも簡単にできるピザ作りを体験していただきました。トッピングでは、ちびっ子達が大活躍!試食の配布も手伝ってくれ、子どもたちの笑顔に会場内はとても和やかな雰囲気となり「今日、参加して本当に良かった!元気をもらった!」という多くの感想をいただきました。

2020年03月13日

パテントコンテスト優秀賞!

機械制御科の3年生が課題研究で取り組んだ農作業補助器具(アシストスーツ)が、パテントコンテストで特許出願支援対象作品に選ばれました。現在、特許出願書類作成中です。
パテントコンテスト公式HPに、PH0461「農作業負担軽減アシスト補助具」:安原 浩平として掲載されています。
https://www.patentcontest.inpit.go.jp/pc_results.html

2020年03月12日

大阪府立堺工科高等学校定時制より「包丁」を寄贈!

2月22日
大阪府立堺工科高等学校定時制の生徒が作成した、包丁を食品科学科 望幸隊(ぼうさいたい)に寄贈していただきました。同校では、東日本大震災の際、被災地の方から包丁が錆びているというお話を聞き、そこから毎年、科目「堺学」で生徒達が作成した包丁を被災地に届ける活動をしていらっしゃいます。今回、アクサ・ユネスコ減災教育プログラムで、本校の望幸隊が防災食の開発に取り組んでいることを知り、何か力になりたいと包丁を寄贈してくださいました。切れ味抜群!このご縁を大事に、全国のネットワークで減災活動に取り組んでいきたいと思います!


2020年03月11日

第2回 学校運営指導委員会開催

2月
地域との協働による高等学校教育改革推進事業に伴う第2回学校運営指導委員を開催しました。本校から食品科学科3年生の防災食開発の取組の発表を含む、今年度の取り組みと成果と課題、来年度の計画について、運営指導委員に説明を行いました。
 委員の先生方から「生徒が1年間の振り返り、自分たちがどんな力が必要か感じることが大切」や「地域とのかかわりの中から、生徒自身が今後地域とのかかわりをもちたくなるような活動をしてほしい。」など様々なご意見を頂くことができました。次年度以降の活動に、活かしていきます。 

2020年03月10日

“もの”を“ものがたり”で伝える方法

2月
運営指導委員の内閣府地域活性化伝道師 岩崎徹先生を講師として、生物生産科1年生にマーケティングについての授業を行いました。「マーケティング」について、基本用語を学んだ後、「田布施農工の○○で東京のFJKを驚かせよう!!」をテーマにグループワークを行いました。先生のアドバイスを受けながら内容深め、各班で発表しました。マーケティングの大切さや面白さを学ぶことができました。 

2020年03月09日

望幸隊 「中国四国農政局ディスカバー農山漁村の宝」奨励賞受賞!

2月19日(水)
食品科学科の望幸隊(ぼうさいたい)が、山口県教育会館にて行われた「中国四国農政局ディスカバー農山漁村の宝」にて奨励賞を受賞しました。全国の応募総数931件(県内24件)。今回は、山口県拠点管内選定証等に選ばれた、7団体の方と登壇しました。
審査員の方から「望幸隊は、地域と密着してニーズにきめ細やかに対応し、防災食の開発や普及活動に取り組んだことが、地域活性にもつながっている。」との講評をいただきました。授賞式後は、会場内の各ブースで活動内容を紹介しました。望幸隊メンバーも、記録簿やポスターを使いながら来場者の方に活動で工夫した点などを紹介しました。



2020年03月06日

工業クラブ新聞掲載!

令和元年度の工業クラブ新聞が発行されました。各種ロボットの大会結果を中心に掲載されています。ぜひ、ご覧ください。

画面をクリックすると全て見ることが出来ます。

2020年03月05日

食品科学科2年「食品衛生責任者」を取得

2月6日(木)
食品科学科2年生が、柳井市で行われた食品衛生責任者養成講習会を受講し、「食品衛生責任者」の資格を取得しました。講義では、食品衛生法や、公衆衛生学、アレルギー食材の表示義務など食品を取り扱う際に必要な事柄を学びました。学んだことを、今後の加工実習などで生かしていきたいです。

2020年03月04日

PTA新聞「滄桑」 第103号発行!

PTA会報(滄桑)の第103号が発行されました。卒業に関しての内容がまとめられています。ぜひ、ご覧ください。

画面をクリックすると全て見ることが出来ます。

2020年03月03日

令和元年度卒業証書授与式実施

3月1日(日)
令和元年度卒業証書授与式が行なわれ、生物生産科35名、食品科学科33名、環境土木科31名、機械制御科35名の計134名が無事卒業しました。新型コロナウイルスの関係で席の間隔を広めにして内容を短縮し、3年生のみの実施でした。少し寂しさを感じましたが、忘れることのない第8期生の卒業となりました。









2020年03月01日

卒業式予行

2月29日(土)
卒業式を前日に控え、3年生による卒業式の予行練習を短縮して行いました。新型コロナウイルスの関係で3年生のみの卒業式になりますが、立派な式となるように真剣に取り組みました。また、同窓会入会式や賞状授与式等も行われました。

2020年02月29日

卒業式コサージュ作り

2月28日(金)
生物生産科の3年生の草花専攻班が、やまぐちオリジナルユリプチシリーズを用いたコサージュを制作しました。傷みやすい花のためワイヤリングが難しいのですが、3年生が今まで培った技術を活かして、きれいに制作していきました。3月1日の卒業式で、卒業生の胸を飾る予定です。

2020年02月29日

あいキュービック事業 第3回コンソーシアム(生徒発表)

2月20日(木)5,6限
地域との協同による高等学校教育改革推進事業(あいキュービック)の第3回コンソーシアムが開かれ、1年生が参加して生徒の発表が行なわれました。まず、A,M、E、F科の3年生が代表で課題研究の内容を発表した後、1年生が科ごとに地域と連携して取り組めることや取り組んだことを発表しました。それぞれの内容は下記のとおりです。
〇3年生
A科 GAPへの取り組みについて
M科 IoT農業デバイスの開発
E科 土砂災害について考える
F科 それいけ!地域の望幸隊
〇1年生
A科 田布施町の農業について
   田布施地域交流館について
M科 町の活性化プロジェクト ~花から始まる会話の輪~
E科 灸川について
F科 食でつなぐ和! ~F科おむすびプロジェクト~



2020年02月28日

稔りに感謝! 収穫祝‼

2月19日(水)
収穫祝とは、沢山の農作物が収穫できたことをお祝いする行事であり、また、一年間の農作業が無事終了したことに感謝する行事です。今年は、A1がご飯の準備、F1が豚汁の準備を行いました。そして、6月のさのぼり行事で1年生が田植えをしてできたお米と豚汁を、みんなでいただきました。

2020年02月27日

外部講師フジパン(株)より来校

2月18日(火)
フジパン本社で開発研究を担当されている黒田先生をお迎えし、食品科学科2年生全員を対象に、商品開発の取組方などについて講義していただきました。その後、食品科学コース21名を対象に、本校酒造りの際に生まれる酒粕を利用して、酒粕ロールパンの製造実習を行いました。
実習では、各工程におけるポイントを丁寧に教えていただきました。また専門家の技術等を目の当たりにして、生徒は刺激を受けたようでした。質疑応答の時間では、日常の素朴な疑問から、商品開発や製造における細かなポイント等に答えていただき、熱心に耳を傾けていました。

2020年02月27日

キャリアガイダンス

2月17日(月)
1年生を対象としたキャリアガイダンスを実施しました。様々な分野の講座が開かれて、自分たちの興味のある講座を受講しました。講話や体験を通して、自分の進路について考えることができたのではないでしょうか。



2020年02月26日

キャリア部長講話

2月17日(月)1限 LHR
多目的教室にて1年生の進路講話(キャリア部長講話)が行われました。現在の日本の社会情勢から始まり今後の職業の変化や今後の求人状況などの進路に関する話があり、これから高校生活で身に付ける必要のある能力や知識を考える良い機会となりました。


2020年02月21日

【予告】こそだてネットワーク柳井へ、望幸隊出動!

予定2月23日(日)
柳井市文化福祉会館で行われる「こそだてネットワーク柳井 第11回子育て講演会」にて、食品科学科の望幸隊(ぼうさいたい)が、防災食作りの講習会を実施する予定です。時間は、10時~12時です。(予約不要です)
当日は、研究発表と、ペットボトルピザ作り講習会にも取り組みます。子育て中の方を中心に、親子で防災について学べるチャンスです!是非、ご来場ください!

2020年02月20日

献血セミナー

2月14日(金)
家庭学習中の3年生の登校日に合わせて献血セミナーが実施されました。1週間ぶりの登校でしたがみんな元気そうにしており、献血の必要性を再確認しました。

2020年02月19日

マイスター活用事業(機械制御科)

2月13日(木)
工業基礎の授業で機械制御科1年を対象に、能力開発協会より紹介して頂いた各種マイスターに来校頂き、6パートに分かれて実習を行いました。溶接、旋盤、保全、検査はマイスターに指導頂き、電気工事、CADは本校教員にて行ないました。この事業を通じてより専門的な技術を学び、検定等の受験に向けてしっかり学びました。



2020年02月17日

農業大学校学生との意見交換会

生物生産科2年を対象に、山口県立農業大学校学生との意見交換会を開催しました。本校出身の学生8名を招いて、今学んでいること、学校生活、自分の高校生活の振り返り、将来の目標などを話していただきました。
3時間目には、農業大学校の奥野先生から、山口の農業の課題やスマート農業について、講義を頂きました。4限目には、生徒を3つのグループに分け、ディスカッションを行いました。学生さんから、「自分たちは農業を選んで、今一生懸命に学んでいるけれど、みなさん一人ひとりが自分の将来の目標を見つけて欲しい」と言葉を頂き、目標を持つ大切さを学びました。

2020年02月17日

マイスター活用事業「フラワー装飾技能士」

生物生産科2年生の「園芸デザイン」で、フラワー装飾技能士の津山朱實先生を招いて技能検定フラワー装飾作業の授業を行いました。コサージュや花束を制作しましたが、検定に伴う規格や技術の正確さが求められ、大変でした。今回の経験を活かして、資格取得に取り組んでいきます。



2020年02月14日

各種ジャム販売中!

本校の購買では現在、色々な種類のジャムを販売しています。ブルーベリー、いちじく、夏みかんマーマレード、いちご、ぶどう、みかんの種類があり、1個350円(ブルーベリーのみ400円)です。また、みそなどもあります。その他の価格はTEL(0820-52-2157)等にて確認ください。営業時間は10時~14時までとなっております。


2020年02月13日

全校集会、壮行式実施!

2月10日(月)8:55~
全校集会が実施され、賞状伝達式、新生徒会紹介や全国大会出場の壮行式が行われました。新生徒会役員紹介では紹介後に生徒会長から役員1人1人が今後の抱負を話しました。また、壮行式はメカトロ研究部の第15回高校生ロボットアメリカンフットボール全国大会が延期となったため、レスリング部の風間杯全国高校選抜レスリング大会出場のみの壮行でした。運営は新生徒会で行われました。

校長講話・賞状伝達式

新生徒会紹介の様子

レスリング部壮行式

2020年02月12日

「ようこそ先輩」を実施しました!

2月3日(月)
「ようこそ先輩」を実施しました!キャリア教育の一環である「ようこそ先輩」が、2学年対象に行われました。各企業や公務員として活躍されている本校卒業生を招き、進路選択のヒントとなるような話をしていただいたり、在校生からの質問にも答えてもらったりしました。
卒業生からは、現在の仕事内容の他に、高校時代の進路選択への悩みや、受験に向けた準備、資格取得の大切さなど話していただきました。中でも、進路選択においては「親や、先生など沢山の方に相談しながら、本当に自分がやりがいを持てる会社選びをしてほしい。」というアドバイスの他に、在学中に沢山のことに挑戦することや、ひとつの事を最後まで諦めないでやり抜く強さが必要。という熱いメッセージに、在校生も真剣にメモを取っていました。


2020年02月10日

いちじくサブレ販売@広島フードスタジアム!

2月1日、2日
広島市の広島フードスタジアムにて、食品科学科3年生の中西杏樹さんが考案した「いちじくサブレ」が販売されました。
このサブレは、田布施町特産品を作ることを目的に、田布施町と食品科学科が連携しながらレシピ開発をした中から選ばれたものです。田布施のイチジクの美味しさが感じられるように、ドライイチジクをふんだんに使い、味が引き立つように粉チーズも入れ、イチジク型に仕上げました。晴天の中、田布施町のブースには常に長蛇の列ができていました。試食されたお客様から「とっても美味しい!」と好評ですぐに完売しました。販売に参加したF3中西さん、片山さんは「ただ、ただ感動です!自分たちの考えたレシピを販売していただけたことや、美味しいと喜んでもらえた姿を見ることができて、とっても嬉しいです!」と感想を述べました。


2020年02月07日

田布施町地域おこし協力隊 講演会

1月31日(金)
食品科学科1年生が、田布施町の農業と農村の実態を学ぶことを目的とした研修を行いました。講師は、田布施町で地域おこし協力隊として活躍されている柴田功さんと、田布施町役場で農村活性に取り組まれている角田さんの2名。柴田さんは、以前、勤務されていた食品流通の現場から見える食の安全性の実態や、田布施町の農業の課題、今後、挑戦していきたいことなどを角田さんとのかけあいでユーモアいっぱいに、そして、時には真剣な表情で話していただきました。
柴田さんが栽培された、ドライイチジクをいただいたので、何かお返しがしたいと考え、講義の後、急遽「イチジクサブレ」を作りました。焼き上がったサブレを試食していただいたところ「君たちががんばっている姿を見て、また今年も美味しいイチジクを作ろうと思います。」と大変、喜んで頂けました。最後まで笑いが絶えない研修で、あっという間の2時間でした。



2020年02月06日

学校保健委員会

1月30日(木)5限
自らの健康を振り返り、自己管理ができる能力を育てることを目的として1年生で学校保健委員会が実施されました。テーマごとに6教室に分かれて講師の方より講座をして頂きました。テーマは下記の6つでした。
テーマ1「学校保健 視力について」
テーマ2「自分の大切な歯を守ろう!」
テーマ3「学ぼう耳鼻科疾患!」
テーマ4「コミュニケーション能力を高めよう!」
テーマ5「体力を向上させよう!」
テーマ6「より良い人間関係を築こう!」
内容はそれぞれ違いましたが、生徒たちの生活において参考となる貴重な時間となりました。詳しい内容は保健だよりにも掲載しています。



2020年02月05日

課題研究発表会実施!

3年生による課題研究の発表会が、全ての科で終了しました。1年間かけて研究してきた成果を分かりやすく班ごとに説明しました。科によって色々な特徴があり、興味深い内容でした。1,2年生は今後の参考となるよう、真剣に聞いていました。

生物生産科の発表

食品科学科の発表
小学校連携、酒粕を利用した加工品作り、微生物を利用したヨーグルト、防災食の開発、アレルギー対応の幼児向けの食品開発、お酒に合う加工品の開発など6つのテーマでした。

都市緑地科の発表

機械制御科の発表

2020年02月04日

全国高等学校選抜レスリング大会出場決定!

1月25日(土)、26日(日)
令和元年度第35回中国高等学校選抜レスリング大会が岡山県立高松農業高校で開催され、本校レスリング部の2名が全国選抜大会への出場を決めました。結果は下記のとおりです。
個人対抗戦
60kg級 第1位 高松 那央斗
51kg級 第3位 定本 昴己
なお、全国高等学校選抜レスリング大会は3月25日(水)~27日(金)に新潟県で開催されます。

2020年02月03日

柔道、県選手権大会結果!

1月25日(土)~26日(日)
第42回全国高等学校柔道選手権大会山口県大会が実施されました。結果は以下のとおりです。
男子団体
 田布施農工 VS  下松工業
  勝利(E1野村5人抜き)
 田布施農工 VS  高川学園
  敗退
女子団体 第2位
 田布施農工 VS  宇部商業
  勝利(2-0)
 田布施農工 VS  防府商工
  勝利(2-1)
 田布施農工 VS  高川学園
  敗退(0-3)
男子個人 60kg級 第3位 濵本 竜雅
女子個人 52kg級 第3位 小田奈々未
     63kg級 第2位 西本 朱花



2020年01月31日

田布施町地域活性化プラン発表会

生物生産科3年生は4月から田布施町の課題を調査し、町や関係機関が課題解決に向けてどのような取組を行っているか学習してきました。1月23日、これまでの学習をもとに考案した活性化プランを発表しました。1年間の学習をとおして、地域に関心を持つ良い機会となりました。


2020年01月30日

ヤングファーマー養成 アグリフォーラム

生物生産科1年を対象に、アグリフォーラムを開催しました。南すおう地域で精力的に頑張っている若手の法人就農者から農業における現状と魅力について高校生にお話をしていただきました。講師として、農業法人「石城の里」井原堂宏 様、農業法人「小行司」山本将史様、農業法人「讃気」河内山典子様をお招きしました。
3限目は講師方から、現在勤務されておられる法人の概要説明や就農したきっかけなどについて説明をいただきました。またアグリ南すおう(株)の石津様と南周防農地整備事業所から事業説明も頂きました。、4限目に、生徒を3つのグループに分け、講師で来られる3名をそれぞれ囲んで農業についての想いや夢についてのディスカッションを行いました。農業に対してのやりがいや厳しさ、必要な能力など学ぶことができました。



2020年01月29日

田布施町特産品開発の最終選考会実施!

1月15日
現在、食品科学科と田布施町が連携して、田布施町の特産品開発に取り組んでいます。これまで、生徒から応募のあった加工品の中から6点に絞られ、最終選考会が行われました。田布施地域交流館の菓子部門の方や、東京で和菓子教室などを行われている、せのおようこ先生にもお越しいただき、アドバイスをいただきながら試作品を完成させました。今回作られたのは、食品科学科3年生が考案した、酒粕クリームブリュレ、いちじくサブレ、いちじくフィナンシェ、三色団子と、食品科学科1年生のおむすびプロジェクトから選ばれた、枝豆とさくらえびのおむすびの「春よ恋」、古代米を豚バラで巻いてイチジクジャムと甘露醤油で甘辛く焼いた「TABUMAKI」です。午後から行われた、最終選考会では、田布施町農水産物等ブランド構築検討委員会の方々に試食していただきました。現在、結果待ちですが、選ばれた商品は2月に広島で行われる食に関するイベントでお披露目される予定です。

2020年01月27日

【予告】1月25日(土)ラジオ放送決定!!

☆★1月25日(土)エフエム山口 9:30~9:50★☆
防災食の開発に取り組んでいる、望幸隊(ぼうさいたい)の活動内容が、FMラジオで全国放送されます!番組は、“ニッポンの未来を元気にする「農業応援プログラム」アグリズムWEEKEND”。収録では、研究内容や地域連携、将来の夢などたくさんのことをインタビューしていただきました。なお、放送時間は地域によって異なりますので、JFN38STATIONS放送時間をご確認ください。

2020年01月23日

やまぐち県政出前トーク

1月15日(水)
「6次産業化・農商工連携の推進」をテーマとして山口県農林水産部ぶちうまやまぐち推進課の方から生物生産科3年(生産技術コース)の「果樹」選択の生徒が研修を受けました。



2020年01月23日

西田布施公民館 敬老会

1月18日(土)
邦楽部と吹奏楽部が西田布施公民館で行われた敬老会で演奏しました。演奏に合わせて手拍子をしたり、口ずさんだりと参加者の皆さんに喜んでいただくことができました。



2020年01月20日

ペリースクール来校

岩国基地内、M.C.ペリーハイスクールの生徒が来校し、バスケットボールの試合をしました。試合途中のハーフタイムには、チアリーディングのパフォーマンスもあり盛り上がりました。
試合結果
男子 49-73  ペリーハイスクール勝利
女子 89-37 田布施農工勝利



2020年01月20日

田布施町少年少女発明クラブ実施!

1月11日(土)
今年度の田布施町少年少女発明クラブとの工作教室が始まりました。1/25(土)、2/8(土)と合わせて3回実施されます。メカトロ研究部の生徒が指導員となって、小学生と一緒に「マイクロビット」を使ったおもちゃを製作します。また、パソコンを使ってプログラムも自分たちで考える予定です。人数が35名と多いため、1回目はハンダ付けとプログラムで2グループに別れて学習しました。人に教えることは部員達にとっても良い経験となりました。
*マイクロビット(micro:bit)
イギリスで製作された教育用マイコンボード。プログラムが全て無料のMicrosoft 社のMakeCodeエディターで作成可能。



 

2020年01月15日

バスケ女子 新人兼県体育大会 ベスト10!

1月11日(土)~12日(日)
令和元年度 山口県高等学校バスケットボール新人大会 兼 山口県体育大会がキリンビバレッジ周南総合スポーツセンター多目的ホールで開催され、本校バスケットボール部女子が3回戦まで進み、見事ベスト10入りしました。
対戦結果は以下のとおりです。
1回戦 田布施農工 VS 小野田
     105    42
2回戦 田布施農工 VS 下関南
      96    24
3回戦 田布施農工 VS 徳山商工
      34    73


2020年01月14日

授業(実習)開始!

本日から授業を開始しました。機械制御科1年生も工業技術基礎(実習)が始まりました。旋盤、フライス盤、手仕上げ、溶接、制御の5パートに分かれて行ないます。冬休み明けなので特に気を引き締めて安全に作業していました。



 

2020年01月10日

3学期、始業式実施!

1月8日(水) 8:55~
冬休みが終わり、本日より新学期が始まりました。体育館で始業式が行われ、その後、賞状伝達式、新役員任命式がありました。新役員任命式では生徒会、農業クラブ、家庭クラブ、工業クラブのそれぞれの新役員が校長から任命書を受け取った後、初心の挨拶をしました。



2020年01月09日

ふるさと田布施町と向き合う

都市緑地科1年生は、本年度授業の一環として田布施町のことについて学習を重ねています。住んでいるまた通学している田布施のことをもっと知ってみよう!という地域学習が主なねらいです。各班3人ずつでいろいろなテーマ学習を実施しています。クラス全員が冬期休業中に、実際に所縁の地に赴いて調査学習を行いました。「自由俳諧人 江良碧松」をテーマにした班は、生家や句碑を尋ねて見学をしました。「大竹潜水学校平生分校、回転基地」をテーマにした班は阿多田交流館を訪ねたり、記念碑を訪問したりしました。地域を知ることで郷土に愛着がもてるようになることを期待しています。2年次には学習した内容を専門学習につなげていく予定です。地域とつながり地域に生きる!



 

2020年01月08日

ロボットアメリカンフットボール山口県大会

1月6日(月)10:00~
第15回高校生ロボットアメリカンフットボール山口県大会が本校機械実習棟2F(自動制御実習室)で実施されました。大会に宇部工業高校、徳山商工高校、田布施農工高校の3校が参加しました。結果は下記のとおりです。
優勝  田布施農工A(田布施農工)
準優勝 防長工友会(宇部工)
第3位  チームTCTH(徳山商工)
なお、2月16日(日)に実施される全国大会に本校メカトロ研究部の出場が決定しました。



2020年01月07日

あぐりずむWEEKEND取材

‘‘ニッポンの未来を元気にする「農業応援プログラム」‘‘というキャッチフレーズでお馴染みのTOKYO FM『あぐりずむWEEKEND』に望幸隊(ぼうさいたい)が取材をしていただきました。 取材では、FM山口の新井道子さんの心和むインタビューを受けながら、これまで取り組んできた防災食開発の苦労や想いなどを話しました。実際に、アナウンサーの方や、東京から見学に来られたJA全農の方にもペットボトルピザ作りを体験していただき、試食もしていただきました。放送は土曜日の朝。放送日は1月下旬の予定で、日にちが決定したらお知らせいたします。



2020年01月04日